伊達茄子浅漬(9月中旬で終了です!)

型番 N・2
購入数
-
夏の旬!お待たせしました!

三奥屋独自の技術で柔かく、歯切れの良い食感が爽やかな仙台長茄子の浅漬です。

あえて伊達茄子と称しますのは、ここ山形県高畠が伊達家のふるさとだからなのです。

長茄子漬は仙台名産の一つで大変人気のある名産品ですが、その生い立ちは伊達政宗公が朝鮮出兵の帰路、博多港に立ち寄った際に家臣が博多長茄子の種子を持ち帰ったのが最初とされています。

現在の仙台長茄は東北の気候にあった早生品種で紫紺長茄子とも呼ばれ、早生のため色つやが良く皮が薄いのが特徴です。

伊達茄子はそのままでも、細かく刻んでもおいしく召し上がっていただけますが、温かいご飯の上にのせ、醤油を一滴垂らしてお召し上がるのが一番美味しいと評判です。

ご家族とのお食事に、酒の肴に、そして遠く離れたご親戚の方々へお薦めできる自信作です。
ページの先頭へ